2歳6か月児の歯の健康

4月になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。大館市では平成25年4月29日(月・祝)に「第61回山田記念ロードレース大会」が開催されます。場所は長根山運動公園・長根山陸上競技場。参加者は1500人にもなるそうです。お天気になるといいですね。

さて、新年度が始まりましたが、今年度の市の検診スケジュールはもうチェックされましたか。大館市では、2歳6か月児の「歯っぴぃ親子教室」というものがあります。歯についてのお話が聞けるそうですから、参考にされてはいかがでしょうか。

2歳6か月といえば、自分の意志をハッキリ表現できるようになって、なかなか言うことをきいてくれなくなりますね。言ってきかせてもまだわからず、手を焼くことも多いかと思います。この時期の歯みがきは、子どもさんが歯みがき嫌いにならないように、優しい言葉がけと楽しい雰囲気で行うようにしたいものです。自分でみがくことはまだできませんので、歯ブラシはお母さんが持って、お母さんのお膝に寝かせてみがくのが安全です。歯みがき粉はまだいりませんので、お水をつけるだけで大丈夫です。歯みがきができたらシールをひとつ貼るなど、歯みがきが楽しみになるような工夫をされるといいでしょう。

子どもさんの中には、指を吸ったりお気に入りのタオルを吸ったりといった行動も現れて、歯並びへの影響が気になる頃だと思いますが、5歳くらいまでにやめることができればあまり影響は残らないようですので、神経質にならず、優しく注意をそらすようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です